まつじゅんブログ

家のこと、料理、書評とか書きたいと思います

住宅ローンのはなし ネット銀行編

今年の4月に新居に移り、5ヶ月経ってしまいました。異動になって、仕事になかなか慣れないのと、二人目が生まれたのとで、落ち着かずブログを書く気になれませんでした。やっと生活に慣れてきたので再開します。

 

何を隠そう、拙宅は親の土地に建てさせていただきました。注文住宅建てられたのもそのおかげです。感謝です。

ローンの話ですが、これがかなり関係して来るので、先に言わしてもらいました!

 

土地代が必要なかったのもあり、限度額まで借りる必要がなかったので、ローンの手続きは後回しにしてました。

住宅ローン控除を考慮して、必要資金より多めに借りようと考えていましたが、いくら借りるとお得かよく分からず悩んでいたためです。

 

この本を読んで軽く勉強しました。

読みやすくて、税金の計算の方法がわかるし、住民税、相続税所得税、酒税などなどの税金がなぜ必要かも書いてあります。教養としてもオススメです。

日本の税金 新版 (岩波新書)

 

普通は、銀行に相談しローンの金額を考慮して、建築計画を進めていくので、着工してから相談するなんて普通はありえません。

 

竣工3ヶ月前になって、「そろそろやらないとやばい」と思い動き出しました。

金利が安いほうがいいので、最安の住信SBIネット銀行を選びました。

  • 12月

仮審査は夏頃に済ませていましたが金額の調整をして、本審査の申し込み。

  • 1月

今後の手続き確認のために電話がきて、その時に「地目は雑種地だけど大丈夫?3月末に融資受けたい。急いでいる。」と伝えました。「いまはお答えできない。書類を送ってください。総合的に判断します。」とのこと。「書類見て判断が変わるの?」と思いましたが、書類をすぐに送りました。

  • 2月

郵便で「審査が通りました」と、結果が来ました。備考に「地目は宅地にしてください。」とありました。宅地にしないと電話で伝えたのに…

 

駐車場の現在の地目は「雑種地」です。(あとから実は違かったとわかりますがw)

その敷地の一部に建てる計画で、分筆はしない予定でした。

境界確定していない隣地が10箇所弱あり、分筆に費用がかかりすぎるためです。

 

 

電話しました。

私「前の電話でも伝えたが、地目は雑種地のまま進めたい。郵便に宅地に変更が必要と書いてあった。」

オペレーター(以下、オ)

 「やりとりの履歴に残っていない。融資実行するには宅地に変更が必要です」 

私「分筆する予定はなく、地目は変えられない。」

オ「(わからなそうに)確認します。折り返し電話します。」

登記したことがなく、よくわからなかったので説明に時間がかかりました。

オペレーターは、分筆とか地目の意味がわかっていない模様でした。

 

2時間後…

 

オ「宅地でないとダメです。家を建てれば宅地に変えられます。」

私「一筆に駐車場もあるため、宅地には変えられないのではないか。」

オ「(やはりわからなそうに)確認します。折り返し電話します。」

 

1時間後…

 

オ「やはりダメです。」

私「地目で土地の評価は変わらないので、担保として問題ないのではないか?理由を教えて欲しい。申し訳ないが納得できない。わかる人に変わってほしい」

オ「わかりました。折り返し電話します。」

 

男「宅地でないと、融資できない商品になっている。担保の評価額は問題ないが、ネット住宅ローンという性質上ルールをかっちり決めているため、対応できない。申し訳ない。」

 

その後、イオン銀行楽天銀行にも「地目は雑種地でも融資お願いできる?」と電話で確認しましたが、「ダメです。申し訳ない」と即答をもらえました。

(SBI銀行のあとだったので、私の話が要領を得ていたのもあると思いますが)

楽天銀行は、金利は最安ではないですが、融資事務手数料が安かったのと、イオン銀行は窓口があるネット銀行だったため選びました。

 

ローン組めない…やばい…

ネット銀行は融通がきかないことがわかりましたので、他を当たってみることに…

 

【感想】

文句はいいたくないですが、1度伝えたにもかかわらず、全く検討していない。

オペレーターが登記のことをわかっていないのもどうかと思いますが、引き続き同じ人に対応させ、無駄に3回もやり取りしてしまいました。会社としてどうかと思いました。大手なんだし、しっかりしてほしい。

 

長くなったので、今日はここまで。

続きは「住宅ローンのはなし フラット35編」で。

 

外観です。

f:id:noumusu:20170930042222j:plain